コロナウイルスの影響で3月末まで生活に関わるもの以外全て休業のため、

中学校も休校中
です。

(もともと3月14日から22日まではスクールホリデイと呼ばれる長期休暇でした。)



しかし、 コロナ感染者はすごい早さで増えており、

187342
(2020年3月22日夜の時点。)

4月から学校が始まるかは。。。。




今回は、
わたしたちのプログラムの普段の活動について簡単に説明しようと思います。
※配属先学校によって多少違うと思います。


まず、わたしたちは、主に日本語授業のアシスタントをするだけです。
(教えるのは、現地の日本語の先生と決まっています。)




私の学校では、
こんなことをしています。



①生の日本語を届ける。
日本語の単語や文を読み、生徒たちと一緒に発音します。

マレーシア非常事態_200322_0010


②生の日本語を書く。
ひらがなや漢字の書き順を伝えながら、ホワイトボードに書きます。

マレーシア非常事態_200322_0012



マレーシア非常事態_200322_0011

”い”と”り” は 確かに区別が難しい!!!


③生徒の発音を聞く。
周りながら、生徒の発音をチェックします。

187383

日本語の先生が、生徒をパートナーやグループにしてゲーム形式で学習を展開することが多いです。
楽しくていいなと、私も勉強になります!!


④授業についていけていない生徒にアドバイスをする。

マレーシア非常事態_200322_0013


特に、男の子たちですね(笑)


この他に、日本に関する装飾や文化紹介、日本語を使ったゲームなどを時々やっています。



いかに日本語が楽しいと思ってもらうかは、私次第ですね。。


私のいる意味は、日本語の上達ではなく、
日本語や日本文化を今後も学びたいという人を増やすきっかけだと思います。